ヤマトタテル.com
日本の樹を生かして日本の風土に合った日本の家を建てよう。
山の木を使う

製材をする
素材として、山に育っていた木(丸太)を伐り出し出材をする。
皮を剥ぎ、刃物(帯ノコ)で製材をする。
製材された材料は水分を多く含んでいてみずみずしい。
自然乾燥で約12ヶ月から18ヶ月以上養生され、
乾燥したそれらは修正挽きという工程をされ製品となる。

製材によって部位の寸法を決める。
土台・梁や桁・柱といった構造材(骨組み)。
窓枠や鴨居・敷居・方立などの内装材。
壁板・天井板・床板(フローリング)などの内装加工材。
ドアや引戸などの建具材。
用途によって製材される木も違う。

小さい径の丸太は垂木などに使い、
またチップ化し紙の原料のパルプにしたり、
バイオマスのエネルギー源として使用。
中径の丸太の良い部分は柱や壁板として、
また悪いところ(強度などではなく見栄えが悪いという意味)は
間柱やラス板、野縁・胴縁などの下地材として使用。
大径の丸太からは、梁や桁、天井板、
カウンター材、建具材などとして使用する。

適材適所。
住まいを形成する部材として姿を変えるのである。

“一本の木を余すことなく使いきる”
これこそが木々に求められる事と私は考える。
木に感謝し、出材して頂ける方々に感謝し
製材という工程をもって住まいを提供する。
山のため、環境のため、人のためとなると考えている。

 
(阪口製材所 阪口勝行)

<< HOME ▲pagetop
 
国産木材グループ
設計施工グループ
優良建材グループ
教室、その他
 

ヤマトタテルの会の目的会員募集定款お問い合わせ Copyright (C) YAMATO TATERU GROUP. All Rights Reserved.