ヤマトタテル.com
ヤマトタテルの会 集中セミナーin名古屋
日本の樹を生かして日本の風土に合った日本の家を建てよう。

2009年6月2日(火)に「設計事務所や工務店がこれから進むべき道」と題したセミナーを三澤文子氏、滝口泰弘氏、坂崎有祐氏の3氏を招き名古屋で開催いたしました。

セミナー全体のテーマとして「住まいも人間の体と同じ、これからは“建築病理学”の視点で家を精密検査する時代」と掲げたこともあり、遠くは仙台からの参加も含め、約80名の方にご参加いただきました。

 開催内容は以下のとおりです
第1部
「木造建築病理学とは」
〜リフォームにどう取り組むべきか〜
三澤文子氏
  「既存ドックシステムと住宅医ネットワークについて」 〜住宅の長寿命化、良質な住宅ストックの形成〜              滝口泰弘氏
 
三澤文子氏より「木造建築病理学とは」というテーマで昨年11月に「超長期住宅先導的モデル事業」に採択されたシステムを詳しく説明していただき、今後のリフォームへの取り組み方について語っていただきました。 また続いて滝口泰弘氏よりいかにして、住宅の長超寿命化、良質な住宅ストックを形成していくべきか、その手法について語っていただきました。
第2部
「省エネ住宅の必要性」
〜自立循環型住宅研究会の取り組み〜
坂崎有祐氏

   
 
坂崎有祐氏より、「省エネ住宅の必要性」というテーマで、自立循環型住宅研究会の取り組み事例をご紹介いただきました。
     
第3部
「長期優良化住宅と国産材利用」
〜ウッドマイルズ研究会の取り組み〜
滝口泰弘氏
 
再び滝口泰弘氏より、「長期優良化住宅と国産材利用」というテーマで、ウッドマイルズ研究会の取り組みをご紹介いただきました。
 

上記いずれの内容も、“省エネ”“長期優良住宅”“リフォーム”といった今後の住宅産業における重要テーマの一つであるものであり、参加された方には最後まで熱心に耳を傾けていただきました。

 
 
第4部 「ヤマトタテルの全商材について」 〜各社商品の詳しい説明〜
セミナーの別会場で実施しました「ヤマトタテルメンバー各社の製品展示会」にも多数の方に足をお運びいただき、こちらも大変興味深く、各担当者の説明に耳を傾けていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今後もヤマトタテルの会では、様々なセミナーや産地見学会、完成見学会などの開催を通じて、より良い住宅の拡大に貢献できるよう頑張ってまいります。



<< HOME ▲pagetop
 
国産木材グループ
設計施工グループ
優良建材グループ
教室、その他
 

ヤマトタテルの会の目的会員募集定款お問い合わせ Copyright (C) YAMATO TATERU GROUP. All Rights Reserved.